アプリをきっかけに年下イケメンセフレと出会えた私の体験談

あのとき、私は30代後半になり40歳も目前に控えて、本気でセフレ探ししようと、あるアプリにプロフィールを登録する決意をしました。
プロフィールに大事なのはまず写真。いわゆる「自撮り」年齢的にあまりそういったことをする機会もなかったので、四苦八苦。
「わーなにこれ!ブス! わーオバサン!」自分の写真を見るたびに落ち込みました。
それでも、何度も何度も撮り直すうちにコツがわかってきて何とか写真撮影は完了。
「何気ない日常を楽しめる友達募集」とまじめにセフレを募集してることアピールしたり、自分の得意料理をのせたりしました。
アプリにプロフィールを登録してから一ヶ月ほどたったある日、メッセージが届きました。
それまで冷やかしのようなメッセージは何通か届いていたので、疑いながら、そのメッセージの主のプロフィールをのぞきました。
すると、なんと15歳も年下の好感のもてるイケメンではありませんか。
友達との交流も盛んで、日記も好感が持てる内容でした。
そのアプリと通じて、一ヶ月近くメッセージのやり取りをし、会って食事をする約束をすることになりました。
待ち合わせ場所に行くのに、それはそれはもう、ドキドキで、「だまされてるんだろうか。彼は来るんだろうか。来たとしてもお金目当てだろうか。」
そんなネガティブな感情ばかりが湧き上がってきました。
私はそれまで、ちゃんとしたセフレなどできたことがなく、不倫相手か二股の相手としてぐらいしか男の人と付き合ってもらったことがなかったので、
負のスパイラスにすっかりはまっていました。
でも、何かを変えたかった。このまま年をとって死ぬのは嫌でした。
死ぬ前に一度でいいから、素敵なセフレとUSJに行きたい、それが夢でした。
彼が待ち合わせ場所に現れました。背がすらっとして大人っぽくて「王子さま」が来たかと思いました。
緊張しながらも一緒に食事をし、彼に聞いてみました「なぜあのアプリで私にメッセージをくれたの?」
彼は「趣味も合ってたし、写真の感じも良かったから」と言いました。
その後、何度かデートをし、彼から告白をされ、見事付き合うことができました。
私にもやっと「セフレ」ができたのです。遅い春がやってきました。
だまされることもなく、普通のセフレ、彼女として付き合っています。
もともと彼は年上の女性が好きだったらしく、でもなかなか出会う機会がなかったので
アプリと通じて、まじめに付き合える女性を探していたらしいです。
こんな彼と出会えたことは幸運で、でもそれも勇気を出してアプリに登録したことがきっかけでした。
失敗してもいいから、何か行動を起こすことの大事さを実感した体験でした。
【三重県 40代女 アルバイト】